趣味の合う男友達

趣味の合う男友達

旦那とは夜の生活がさっぱりで、こちらから誘ってみても仕事で疲れているからと言われたり、もう女として見てないから無理と言われたり散々でした。もう結婚して10年以上経つためお互い新鮮味がなくなっているのは分かるけれど、もうちょっと関係をよくするために努力してくれたら良いのにと思っていました。

出会い系アプリに登録したのは、そんなモヤモヤを晴らすしたかったからです。最初から浮気してやろうなんて大胆なことは考えていませんでしたが、私生活では女だらけの職場で他の異性との接点がないため、ちょっと冒険してみるつもりで使ってみました。

登録するとすぐにたくさんのメッセージが届きました。どれもサクラっぽい感じで返信するのはやめました。3日くらいしてわりと近くに住んでいるっぽい20代男性からもメッセージがきましたが、これも身元がバレると怖いのでなし。その後自分で検索した結果30代の会社員の方にメッセージを送ってみました。彼は趣味が盆栽とプロフィールに書かれていて、実は私も同じ趣味を持っていたからです。趣味といっても多少知識を持っている程度の可愛いものですが、常に盆栽のことは旦那から理解を得られず、周囲に話す人すらいなかった私には彼が凄く私に合っているような気がしました。

早速送った盆栽のことで話せたら嬉しいです的なメッセージに、彼も自分の持っている盆栽のことを詳しく書いてくれて、このプロフィールは嘘じゃないって思えました。しかも彼が持っているのはどれも効果でこの人お金持ちなのかな?と疑うくらい。然り気無く聞いてみましたが、独身で他に使い道がないからとはぐらかされてしまいました。

私達は1ヶ月間、約2日に1回のペースで話すようになり、結構お互いのことを色々知るようになりました。そのうち彼は会ってみたいとか、飲みに行きたいとか言ってくれて私も自然にそうしたいなと思う反面、旦那がいるから悪いという気持ちが残っていました。

しかしある日、彼から彼氏や旦那さんに悪いと思うようなことはしないからと言われ、それなら会っても良いかなと思いました。私からは何も言わなかったけれど、既婚者だって薄々知っていたようでした。
そして旦那の出張の日の昼過ぎに私達はカフェで待ち合わせました。彼が指定してくれたカフェは凄くおしゃれな雰囲気で、彼自身もスーツの似合う大人の男性でした。ちょっと細い目元が優しそうな彼は、常にニコニコして緊張する私に話題をふってくれました。

軽く食事をした後帰る話になりましたが、彼が結婚していなかったら飲みにいっても良かったねというので淋しくなりもうちょっと一緒にいたいとせがみました。最初は戸惑っていたけれど彼も了承してくれて、ホテルに併設されているバーに行きました。そこからは独身時代に戻ってような気分。お互い暗黙の了解と言った感じでバーからホテルへ行きました。肌を見せるのが恥ずかしくて部屋を暗くしたままにしてもらったけど、彼はしきりに綺麗だと言ってくれたのが一番嬉しかったです。

道徳的なことをしたとは言えないため、それ以来彼とは会っていませんが淋しくなったら連絡しちゃいそうです。
彼と会った時点で出会い系アプリは解除してしまったけれど、またこんなドキドキを味わえるならいつか使ってしまうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です